脊柱管狭窄症を治療する|根本的な要因は一種の老化

医療

腰痛の原因と治すには

ドクター

腰痛の原因

腰痛の原因としてもっとも多いのが、脊柱管狭窄症です。脊柱管狭窄症は、神経が通る脊柱管が何らかの理由で狭くなり神経を圧迫することで痛みを感じるというものです。脊柱管狭窄症はその痛みに対する仕組みを指しており、特に腰痛の場合には腰椎椎間板ヘルニアによって引き起こされます。椎間板ヘルニアは脊椎を構成する椎骨同士の間にあるクッションの役目をしている軟骨である椎間板が何らかの理由で脊柱管の方向へ飛び出し神経を圧迫することで慢性的な痛みを発生させます。また椎間板以外にも骨折などでも脊柱管を圧迫して痛みが現れるケースもあります。治療法としては、圧迫している原因を取り除くことですが、手術によって取り除く場合には神経を傷つける恐れがあるため、軽症の場合には薬物療法で痛みをブロックしてリハビリによって改善を目指すのが一般的です。

治すためには

脊柱管狭窄症はあくまでも、脊柱管を何からの理由で圧迫し神経にダメージを与えている状態を指しています。このため、原因はさまざまであり、それに対応した治療が行われますが、治療方法の多くは保存療法が使われます。これは手術のさいに神経を傷つけるリスクが高いことや、しびれなどの症状が出ていない限り無理に取り除かない方が良いためです。このため主な治療は薬物療法やブロック療法によって痛みを取り除き、リハビリによって改善を目指すのが一般的です。一方で脊柱管狭窄症でも重症の場合には手術による治療が行われ、仕組みとしては脊柱管を圧迫しているものを取り除くという方法です。手術では内視鏡を使って切除する方法が一般的です。