脊柱管狭窄症を治療する|症状に合った施術方法

女医

症状に合わせて対処する

診察

脊柱管狭窄症は高齢化とともに症状が進行していくことの多い病気です。脊柱管狭窄症の痛みをとるには消炎鎮痛剤による治療が行われます。痛みが強い場合には神経ブロックやトリガーポイント注射などの治療方法もあります。

この記事を読む

腰痛の原因と治すには

ドクター

脊柱管狭窄症は神経が通る脊柱管が何らかの理由で圧迫されて狭くなっている状態を指します。脊柱管狭窄症はその状態を示すものであり、実際には椎間板ヘルニアや骨折などによって引き起こされます。治療は保存療法が一般的ですが、手術によって圧迫している原因を取り除くケースもあります。

この記事を読む

手足のしびれを伴う病気

ベッド

脊椎の老化で起こる

脊椎の病気といえば椎間板ヘルニアがよく知られていますが、これに次いで症例が多いと言われているのが脊柱管狭窄症です。脊柱管とは脊椎の中を通っている空洞で、この中に神経が収まっています。脊柱管狭窄症はこの脊柱管が狭くなることで神経を圧迫し、痛みやしびれなどを引き起こす病気です。脊柱管が狭くなるのは背骨を構成する椎体や椎弓が変性したり、靭帯が厚くなったりすることが直接の原因です。しかし根本的な要因は一種の老化現象であると考えられています。脊椎は身体の上から頸椎・胸椎・腰椎の3つに分けられますが、脊柱管狭窄症が最も発生しやすいのは腰椎です。これは日常生活の中でも特に負荷がかかりやすいためです。予防するにはできるだけ腰に負担をかけないよう注意する必要があります。

重症の場合は手術も

脊柱管狭窄症は、患部にちょっとした違和感を感じる程度のものから手足がしびれて日常生活に支障を来す程度のものまで症状の範囲はさまざまです。そのため治療法もそのレベルに応じて選択されます。症状が軽度である場合は、保存療法が治療の基本となります。装具で患部を固定するなどして、極力負担を与えないようにしながら様子を見ます。無理のない範囲で運動を行って筋力を強化すると、症状を改善することができるとされています。痛みが強い場合は神経ブロックと呼ばれる治療を行うことがあります。これは交感神経に麻酔薬を浸透させ、痛みを緩和させるというものです。通常の生活に困難な程度まで症状が進んだ場合は、手術によって脊柱管を広げます。最近は内視鏡を使った低侵襲の治療も普及しています。

腰や足の痛みやしびれ

病室

脊柱管狭窄症は、背骨が何らかの原因でゆがんで来て痛みやしびれが起きる病気です。長く歩けなくなり休むとまた歩けるようになります。治療は保存療法と手術があります。保存療法は薬物療法と、ブロック注射、理学療法、運動療法があります。

この記事を読む